So-net無料ブログ作成
検索選択

マレーシアTV局のリーさん [受入]

年末年始の日本の家庭を取材させてほしいと、マレーシアのリーさんから 以前のホスト育ちゃんに連絡がきました。

リーさんは3年前名古屋大学留学して、マスコミ関係を勉強していました。

日本語が堪能なりーさん、ホストの育ちゃんは娘が増えたように何回も迎えていました。

そして1年前の東日本大震災が起きた時、彼女は東北に遊びに行く予定をたまたま変えて九州にいたそうです。

TVで見た光景は全てが衝撃的でした。両親はすぐに帰国してこいと何度も催促されたそうです。

りーさん、マスコミ魂に火がともり、今私がこの大好きな日本で、奨学金を出してくれた日本に貢献できることはないかしら?と考え、

急遽論文テーマを緊急速報に変えたそうです。

NHKのニュースを分析することで、母国マレーシアTV(留学前からリーさんはTV局で働いていました)で緊急速報が流せるかもしれない、この現実から母国の被害者をいつか減らせるかもしれない、毎日地震のニュースをネットで再生して論文にまとめたそうです。

そして、無事に3月に名古屋大学を終了し、帰国しました。

りーさんはきっと、今年、日本の家族が普通に迎える年末年始を通して、マレーシアの人たちに、伝えたいことがたくさんあるでしょう。

同時に中国取材もあるそうで、リーさんが日本に来てくれるよう皆で待っているところです。

びっけでした。

台湾語、中国語の2011年でした。 [受入]

2011年最後に出会った人は、中国のSunnyでした。12月23日~25日名大留学生の受け入れをしました。
Sunnyは、北京語、広東語、英語日本語を話す人でした。日本語は、日本のドラマや、アニメを見て話せるようになったそうです。

 昨年来たタイのギフトも、タッキー&翼のタッキーが好きで、日本語を話せるようになったそうです。

 そう聞いてもいったいどんな風に話せるようになったのかは、よくわかりません。でもそんな話を聞くたび、不思議だな・・って、ことばってどうなってるんだろうって考えます。

 それはさておき、今回は22歳の娘のような子だったので、とってものんびりした気持ちで接することが出来、楽しく過ごしました。

 Sunnyは、一宮のモーニングサービスを体験してみたいとか、温泉に行きたいとか、積極的にやってみたいことを話してくれたので、それを一つづつやっていきました。
 おかげで、久しぶりに朝ゆっくりコーヒーを飲み、温泉にゆっくり入り、また、久しぶりにクリスマスケーキを作りました。

 彼女は、私の話す中国語を直してくれました。中国語の音の聞き分けがまだまだ出来ませんが、ああこうやって、楽しく話していたら、きっとわかるようになるなって、それは確信できます。自分の中に音の枠組みが出来ていき、聞こえてきた音がスッとそこに、ちゃんと分かれて入っていく。そんな感じです。

 でも、それにはもっと濃い日常がいる気がします。どんな日常なんでしょう・・この日本で、私の周りの人たちと・・。
 
 2011年も終わります。今年は台湾交流で始まり、中国のSunnyとの交流で終わる、中国、台湾語年でした、。また来年も、仲間と一緒に「ことば」と「人」に向かう年にしていきたいです。        ハッティ

台湾の受入れ [受入]

大家好♪我是SARNIN。

先週の土日に、台湾の朱莉蓁ちゃんを受け入れました。

すっごくカワイイ子で、すぐに大好きになりました[黒ハート]

引率の先生に「わいざぼきゃーん」と言うと、すっごくウケて(笑)、
台湾語一言でこんなに楽しく、ぐっと人に近づけるんだなーとあらためて思いました。

莉蓁ちゃんは、最初はすごく緊張してて、
私の言ってることは全部わかるのに日本語で話せなくて、英語で話してしまう、という感じでした。
前に受け入れた韓国のウニちゃんもそうだったけど、間違っちゃいけない、って緊張しちゃうのかな?
でも、私がいい加減な台湾語まじりでしゃべってると、だんだん打ち解けてくれて、
日本語が出てくるようになりました♪

せっかく日本に来てるのに、日本の大学生と交流していないらしく、
日本人とおしゃべりするのは初めて、とすごく嬉しそうでした♪

回転寿司に行ったら大喜び!
スーパー銭湯に行ってみる?と聞くと、最初はすごくためらってたけど、思い切ってチャレンジ。
風呂上りには、日本のアニメで見て、ずっとやってみたかった!と牛乳を買って腰に手を当てて一気飲み(爆)。

受け入れた人にメッセージを書いてもらったゲストブックを見せると、「中国人は本当に国が好きですねえ…」と。
よく読んでみると、確かに中国の人は「日本と中国の友好のために」とか、何か国に関係することが書いてあって、これは台湾にはない発想です、台湾人はこんなことは書かない、と(笑)。


中国語は四声、広東語は九声だけど、台湾語は八声なんだって!!
前にマカオのゲストに広東語の九声をやってもらったから、
八声言ってみて、と頼んだら、言えない、覚えてないって。
言えなくても話せるんだって。私達が文法知らなくても文法間違えずに話せるのと一緒だね。
知らなくても八声使ってるんだろうね~。

本を読むのが好きで、日本の小説や夏目漱石も読んでてびっくり!
台湾では日本の本は高いけど、中国語の本は安いからよく読むそう。
でも台湾語と字が違うでしょ?と聞くと、慣れれば読めると。
でも、文章は読めても、一文字ずつだと読めなかったりするんだって!
子どもが、ひらがなが読めてるように見えても、一文字ずつだと読めないのと一緒!!
自然習得なんだねー!!へん有意趣!!


たった一泊二日だけど、最近、ゲストとすごくリラックスして楽しく過ごせるようになってきました♪
また今週の日曜日にも一緒に遊ぶ予定です♪楽しみ♪莉蓁ちゃん、多謝り~[揺れるハート]
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。