So-net無料ブログ作成

ロシアとフランス [環境・仲間]

ズドラストヴィーチェ♪ SARNINです。

この夏は、次男がロシアへ2週間のホームステイ、
そして長男がなんとフランスに10カ月の高校留学に出かけました。

我が家にこんな日が来ようとは…いまだに信じられません(笑)。


次男はロシアから帰って、最初は文句ばかりでした。

ホストが一人でゲームばかりやってほとんど遊んでくれなかった、つまらなかった、
ごはんは一日一食でおなかがすいた、お菓子はまずくて食べられなかった…。

でも、みんなで根気強く何度も聞いているうちに、遊園地やボーリング、戦車の展示場や
二度も海にキャンプに連れていってくれたこと、
とても親切なご夫婦にお世話になったこと、おいしい夕飯をごちそうになったこと、
自分もホストに声をかけずに一人でけん玉をしていたこと…
いろいろなことがわかってきました。
最初はかわいそう、なんて思ったけど、海ではホストとはしゃいで遊んだりしてたんじゃん!

今日、ホームステイに出かけたメンバーの人から、素敵なことばを聞きました♪
ホームステイから帰ってきて、成田空港に着いた時に、第1幕が終わるけど、
ヒッポの交流はそこから第2幕が始まるんだ、と。

次男も、何度も話していくうちに、自分が体験してきたことの意味を少しづつ見つけていってくれるでしょう。

自分がどれだけ愛されてきたのか、
次はもっと自分から声をかけてみたら、もっと楽しい時間が過ごせるかもしれないこと…。

何度も聞き続けてくれる仲間がいる環境に感謝です。


そして、留学に送り出した親も、ほっとしている場合じゃないよ、
子どもたちは留学先で、いっぱい失敗したり、凹んだりしてくるはず。
それを受け止めてやるには、自分もいっぱい失敗したり凹んだりする体験をすること、
自分もいろんなことにチャレンジしながら待っててやるんだよ、と先輩からのメッセージが。

なるほどー!
私もいっぱい失敗したり凹んだり、青春しよう!(笑)

こんなアドバイスがもらえる、この環境が、本当にありがたいです!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。