So-net無料ブログ作成
検索選択

3歳児の耳と口 [ことばと人間]

あんにょん!!  ルイです*

かな~り、久しぶり(滝汗)

只今、育休中のメンバーKりゃんは、3歳10ヶ月の長男A君の成長ぶりを
いつも嬉しそうに話します。

勿論、母親なら誰しもそうなるのですが、

hippoの活動は「ことばと人間を自然科学する」ですから^^
ことばの発達を観察しています。

大好きなTV番組やビデオを(英語)見て、できごとを話すように
私たちの目の前で再現して話してくれます。


A 「Zooにlion (ライアン)とtiger がいたね」

  「みんなはeverybodyだね」

K 「A君すごいね。everybody はnew wordだね」

この会話は隣で聞いていても微笑ましく、そしてかなり
ハイレベルです。

音が無いのが本当に残念。そして表記するのも難しく。

A君の発音は素晴らしすぎて、大人の私たちが一度に聞き取れないほど。

その英文の間に「・・・するで」と方言まで入る。

子どもが発する音に相手が反応を示す。そのくりかえしで
子どもはことばをgetするのかな」とKりゃんは言います。

面白いのは、グーの手の時は今boom探偵のカバンを持っていて、

お茶を飲んだり何かをする時には下に置く動作をし、

し終わると又カバンを持ち上げる動作をする。

お出かけする時に、「カバンを忘れたで・・」と言ってカバンを取りに

行くんです。・・とKりゃんは本当に嬉しそうに話します。

air状態を今楽しんでいるA君。

出来事や視覚で得たものを、ことばにして、

airカバンを持ったり置いたりしながら、imageがどんどん膨らんでいるようです。

そうして少しずつ記憶として残るようになるのでしょう。

子どもの自然な振る舞いをliveで見ることができ、familyがますます楽しくなります。

帰りのエレベーターの中で

A 「これはelevator 」

K 「そうだねエレベーター」

音が少し違う・・・^^

同乗していた2人の女性もA君の素晴らしい発音に

「今が一番いいよね。何でも吸収するもの」と。

私は、「大丈夫。貴方もできますよ~」って心で思いながら

エレベーターを降りました。

聞こえたままを口にする。

明らかに真似をしているのなら

それは間違えようがないこと。

わかるかわからないか、

正しいか誤りかは

このさい関係ないことなのかもしれません。

興味を持って話していたら、

いつの間にか意味もわかり話せるようになっていた。

言語の習得はそんな感じではないのかなと思えます。




2012年素敵な年になりそうです! [環境]

新年好! と言うには日にちが経ち過ぎてますが、今年初めの書き込みです。
このブログを読んでくださるみなさま、今年もよろしくお願いします。

 さて、今年初めての書き込みになんとすっごく嬉しいことが報告できます!!
 このブログのファンでもある我らが“なおさん”が、ヒッポフェロウになると宣言してくれたのです。

 ヒッポフェロウとは、ヒッポの活動が大好きで、地域でヒッポの場を開いている人たちのことですが、
資格も年齢制限もありません。ヒッポを家族や仲間と真剣に楽しみたいという想いが何より重要です。

 私たちはことばが育つ環境を考え創り出しています。そのうえで大切なのは、新しい仲間=ことばの赤ちゃんです。そしてさまざまな人たちです。同じ家族構成でもなく、同じ年齢でもなく、いろんな人たちがいることがより自然だと考えます。

 ファミリーも、フェロウ仲間も、人が限定され、相手の考えが大体わかるような関係性は、楽かもしれないけど豊かと言えるかどうか・・
 私たちは、いつも川が流れるように、風が吹くように、常に変わっていく場を創りたいのです。

 この地域のフェロウも、皆がベテランになりつつあります。なおさんが、新しい風を吹かせてくれることは、
本当に本当に嬉しいことです。

 新しい人が増えることは、+1 ではなく、まったく新しい世界を創ること。ガシャンと今までとは違う世界を産み出すことです。それは、家族に赤ちゃんが生まれるのと同じことです。

 なおさんが、フェロウになりながらどんな世界を見つけていくのか、私がそこで何を見つけていくのか、本当に本当に楽しみな年になりそうです。

 なおさん、ありがとう。そしてよろしくお願いします。            ハッティ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。