So-net無料ブログ作成
検索選択

稲佐の浜に立って。 [自然]

 先週末出雲大社を旅してきました。

 ヒッポ仲間が生まれ育った出雲大社にお墓参りに行く旅に、一緒に行くことになり、久しぶりに「古事記の暗号」を引っ張り出し読みました。

 ヒッポの活動「トラカレ」で古事記・日本書紀・万葉集を「古代日本は多言語国家だった」という観点で、韓国語中国語、そして易の思想で読み解いた暗号本が出版されています。

 とくに「古事記の暗号」は、日本神話の「やまたのおろち」や「いなばのしろうさぎ」に込められた意味を易の思想で読み解いていて、とても面白いものです。

 大国主神の名前がいくつもあるのは、名前に大きな意味が込められているからということ、「いなばのしろうさぎ」は何故出会った動物が「うさぎ」で、何故「白い」のか、そして「いなば」の意味は・・
 また、この話の舞台が何故あの地なのか。

 一つ一つに、古代の人が、先の時代の人に伝えたかったことが含まれています。

 ヒッポの活動を始めたことで、こういう視点からものを見ることを知ることができました。

 ほんの少し前までは、どこの神社に行こうと、ただなんとなく手を合わせるだけだったのですが、最近は、この神社の神様はだれかな・・なぜこの地にこの神さまなのかな・・なんて、ちょっと興味が湧いてきて、とても楽しいです。

 さて出雲では、一畑電車から宍道湖に沈む夕日が見たかったのですが、少し時間が早すぎたようで、湖に反射する眩しい光を見ました。

 残念がっている私に、「稲佐の浜に沈む夕日に間に合うんじゃない?行ってみようよ!」と
声をかけてくれた仲間たち。
 出雲大社駅前にいるタクシーに飛び乗り、浜に着いた時は、今まさに沈んでいく太陽が目の前に。
 
 夕日に誘われ、私たちと同じように何人かが集まっていました。夕日に向かい二礼四拍するおばあちゃんもいました。
 
 感動の瞬間でした。

 大国主神がなぜこの地で国譲りをしたのかは、とうていわからないけれど、それでも、ここに立って、それに思いを馳せることができたのは幸せなできごとでした。
                             ハッティ

 
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。