So-net無料ブログ作成
検索選択

楽しさを表す数式 [ファミリー(ヒッポ活動の場)]

 今日はファミリーの日。話題の中から二つほど。

 9月入会のKさんの発見。
 「韓国語だと思うんですが、ヨロブンという音が、初めは「初めまして」という意味かなと思ってました。でも、ある場面で、みんなに話しかけるみたいな感じで使っているのをを聞いて、ちょっと違うな。「みなさん」って言ってるのかな」

 ストーリーCDを聞くということは、たとえば、話している人の声の様子、前後の雰囲気、などたくさんのことが伝わってきて、そこから、自分でイメージして、真中に近づいていくということ。
 たった一ヶ月で、それが起こる。
 きっと人間はずっとそれをやり続けている証しですね。

 
 次の話題は、サーニンが書いてくれたほうがよいかも・・
 サーニンが生み出した、ファミリーの楽しさの公式を発展させ、中一のY君が自分の公式を作り出しました。

   f=a・x+c・y
    f、 楽しさ 
    a、ファミリーの時間内でやったサダの数 
    x、ファミリーに集まった人数
    c、ホームステイに行ったことのある人の数
    y、受入れをしたことのある人の数
   f=2×14+12×13=184

  この数字は毎週計算すると、どれくらいの楽しさかが浮き出て来るのかな。

  でも、こんなふうに自分で数式を作ってしまうなんて、本当にすごいと思います。
  みんながひとりひとり、自分の楽しさの公式ができるはずなんですが、はて、自分が作るとなると・・

  ちょっと時間が必要みたいです。         by  ハッティ
   
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

アンリセ

あれ?私この記事読んでなかったかも?

すごいね!久々に数式作りたくなったなー。なんかおもしろいのができそう!
by アンリセ (2013-10-31 22:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。